子どもの教育の中に水泳を取り入れることは重要です

子どもの教育を考える時、将来的に役立つことを習わせておくのがいいと思われます。スポーツを習わせることは運動神経をよくすることになる上に人間関係をうまくやれる子に育てることが出来ると思われます。人間関係が出来ると言うことはスポーツを通じて友達ができて仲間意識を持って行動するので結果的に人間関係を作ることができる子になるわけです。だからスポーツは役立ちますが、さらに実利として役立つスポーツをさせればなおいいわけで、それは水泳ではないかと思われます。よく台風の時期になるとテレビで被災地が映り泳がないといけない状態になっている人達を見ます。もしそのような局面で泳げないと生きることが困難になるわけです。人間は教えてもらわないと泳げるようにはなりません。したがって万が一の時に身を守るためにも水泳は絶対にできないといけないわけです。だから子供ころに水泳を学ばせておくことは絶対に必要だと感じています。また泳げるようになっていると小学校の授業のプールの時間が楽になります。